行政書士とは


行政書士とは

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、官公署に提出する許認可等の申請書類の作成や提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明や契約書の作成等を行います。

近年、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなり、その結果、国民が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。

行政書士が官公署に提出する書類等を正確・迅速に作ることにより、国民においては、その生活上の権利・利益が守られ、行政においても、提出された書類が正確・明瞭に記載されていることにより、効率的な処理が確保されるという公共的な利益があります。

 

行政書士と他士業の業務内容

行政書士
官公署に提出する許認可等の申請書類の作成や提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

司法書士
登記、供託に関する手続きの代理、裁判所や検察庁、法務局への提出書類の作成、簡易裁判所が扱う一定の訴訟や調停の代理を行います。

社会保険労務士
人事労務管理のコンサルティング(就業規則の作成、賃金制度の設計等 )、年金相談、労働社会保険手続や給与等の計算、各種助成金の申請等を行います。

税理士
確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書、その他税務署に提出する書類の作成や税務相談、会計帳簿の記帳代行を行います。

弁護士
主に当事者その他関係人の依頼または官公署の委嘱によって、訴訟事件・非訟事件・行政庁に対する不服申し立て事件に関する行為、その他一般の法律事務を行います。

  • TEL 078-935-1930 / FAX 020-4662-3435(月~金 10:00~19:00 /土 10:00~17:00 /日・祝日定休日)
  • お問い合わせはこちら

メインメニュー
取扱い業務
事務所概要
お問い合わせ

営業日カレンダー

Loading...